甥っ子に抱かれた日〜イかされ乱れる淫らなカラダ〜 

甥っ子に抱かれた日〜イかされ乱れる淫らなカラダ〜 otolove
カテゴリー
同人/同人
作品形式
BLコミック・ボーイズラブコミック
サークル
otoloveサークル情報
ジャンル
中出しアナルボーイズラブ年下攻め高身長攻めノンケ受けBLコミック・ボーイズラブコミック
配信開始日
2019年12月27日

須藤夏生にとって大学生の須藤朔也はかわいい甥っ子だ。しかし夏生に恋愛感情を抱く朔也は、夏生の飲み物に媚薬を入れてしまった…。

サンプル画像

 

須藤夏生にとって大学生の須藤朔也はかわいい甥っ子だ。

35歳の文筆家、須藤夏生は、大学生の甥っ子、須藤朔也と同居している。
事情があって義姉の代わりに朔也を育ててきた夏生。
年の差があるが夏生にとって、朔也はいくつになってもかわいい甥っ子だ。

しかし朔也は最近、夏生のお尻を触ったり服の中に手を入れてきたりと、エッチないたずらをしてくるようになった。
きっと甘えているだけだ。そう言い聞かせていたけれど…。
「明日の誕生日で俺は大人になるから、夏生を抱きたい」と言われてしまう。

朔也と夏生に血の繋がりはないが、家族であることに変わりはない。
翌日、夏生は困惑を抱えつつ朔也の誕生日の支度をする。朔也の好きなメニューを食卓に並べ帰宅を待った。
帰宅した朔也と夏生はまずワインで乾杯。しかしそこに、朔也は媚薬を入れた――。

薬の効果で身体が熱くなっていく夏生。その服を脱がせて朔也は夏生をベッドに押し倒す。
甥っ子とこんなことしちゃダメなのに……!
キスをして、乳首を吸われただけでトロトロに感じて、蜜をあふれ出させてしまう夏生。

臍も秘部も丁寧に舐められて、達しても媚薬で疼く熱はおさまらない。
朔也は夏生の後口に、熱く猛ったモノを押し当ててきた。
「それだけはダメ……!」叫んでも身体は容赦なく貫かれ、奥まで淫らにかきまわされて夏生は――。

オリジナルボーイズラブコミック
文字あり49P+文字なし49P+PDF版

作品詳細情報

年齢区分
女性向け18禁
データ形式
PDF+JPG

この作品のご購入

同人 ご利用ガイド

このサークルの作品一覧

同人ご利用ガイド