• トップ
  • 同人
  • 同人
  • イってはイケナイ森〜ここでは何故か性欲が止まらなくなって、獣みたいな男に激しくされちゃう〜

イってはイケナイ森〜ここでは何故か性欲が止まらなくなって、獣みたいな男に激しくされちゃう〜 

イってはイケナイ森〜ここでは何故か性欲が止まらなくなって、獣みたいな男に激しくされちゃう〜 otolove
カテゴリー
同人/同人
作品形式
BLコミック・ボーイズラブコミック
サークル
otoloveサークル情報
ジャンル
手コキアナルオナニー・自慰野外プレイ高身長攻めノンケ受けBLコミック・ボーイズラブコミック
配信開始日
2022年09月29日

ソロキャンプに向かう途中、崖から転落してしまった主人公を助けてくれた大男。 だが主人公は身体が熱くて自分ではどうしようもなくなってしまい――。

サンプル画像

 

ソロキャンプに向かう途中、崖から転落してしまった主人公を助けてくれた大男。 だが主人公は身体が熱くて

ソロキャンプに向かう途中、崖から転落してしまった主人公を助けてくれた大男。
だが主人公は身体が熱くて自分ではどうしようもなくなってしまい――。

ここは来てはいけない森と噂される場所だった。
ソロキャンプをするため、一人で山の中に入った美青年ヒューはその道中迷子になる。

行けども行けども森は深くなるばかり。
その時、明かりを見つけ、助けてもらえるかもしれない!と期待するが足を踏み外し崖下に落ちてしまう。

もうろうとする意識の中、目の前には美しい花が咲いていることに気づく。
その香りを嗅ぐと、何故か下半身が熱くなり今すぐにでも抜きたい衝動に駆られる。
混沌とする意識の中でアレを扱いていると、ヒューの背後から強面の男が現れる。

その男は何も言わずにヒューのアレを握ると、慣れた手つきで快楽へと導いていく。
あっという間にイかされて気を失ったヒューを、男は自分が住む森の家へと連れて帰る。

目覚めたヒューは、これまで見たこともないほどの男のモノの大きさに驚きつつ、彼に全てを委ねるのだった。


「俺っ…やっぱりおかしいかな……。初対面の相手とすぐにヤったりしないんだけど――」
「あぁっ…!やっ、だめぇ……。あんたのスゴくて、あっあっ、でるッ――」


迷いの森で発情させられてしまった美青年が、助けてくれたダンディな大男と共に快楽に身を委ねていく。


オリジナルボーイズラブコミック
文字あり21P+文字なし21P+PDF版同封

作品詳細情報

年齢区分
男性向け18禁
データ形式

この作品のご購入

同人 ご利用ガイド

同人ご利用ガイド